CASE STUDY

The goal:

Taco Bell 財団とLiveMás奨学金の認知を高め、寄付を促すために、従来の「学術」や「アスリート」のようなカテゴリーに当てはまらない生徒のための奨学金を用意した。

Our location solutions.

ロケーションベースのキャンペーンを実施したことにより、人々が近くのTaco Bellを訪れ、人気の高いDoritos Locos Tacoを購入した。売上の一部は、Live Más 奨学金に寄付されます。

モバイル広告は Taco Bell店舗への訪問を促すために、Distance Overlay(=広告バナーに近くの店舗までの距離表示)を使用したクリエイティブで配信されました。

Location Audiencesによって、このキャンペーンに最も関心がある人々にリーチ出来ました。Taco Bellは、Taco Bellファン・競合にあたるファストフード店・大学生・ジェネレーションZといったコアなオーディエンスグループに対してターゲティングしました。

Results.

Case Study / Taco Bell

Taco Bellは、メディア認知度の高まりとDoritos Locos Tacosの販売の一部を受けて、Live Más 奨学金 に50万ドルの寄付を行うことが出来ました。

Loyalist Audienceで配信した際のエンゲージメントが最も高く、パーソナライズされたモバイル広告が表示された4人の内、1人がTaco Bell店舗に訪問する結果となった。

サードパーティーツールであり、In-store(建物内)アトリビューションのリーダーであるPlacedは、若者の間でキャンペーンが共感されていることを示した。18歳から24歳の男性は、キャンペーンメッセージングの際、最も受容性の高いオーディエンスとなっています。

1

Taco Bell 店舗へ1,000訪問